N.HOOLYWOOD COMPILE × ’47 CAP
・アジャスターストラップ仕様のキャップ。・裏側は’47 と N.HOOLYWOOD COMPILE オリジナルテープでパイピング、サイドには両ブランドのロ ゴをエンブロイド。共地で仕上げたつば裏。クラウンはナチュラルな形をデザイン。アジャスターストラ ップには、スムースのカウレザーを使用。・350 年以上の歴史を誇り、世界有数の一貫紡メーカーとして名高いイタリアの VITALE BARBERIS CANONICO 社のピュアウール素材を採用。やや太番手の強撚糸を用いた平織の生地。肌離れの良いさらりとしたタッチでシワになりにくく、しなや かでナチュラルなストレッチ性が特徴。◎カラー/BLACK◎素材/WOOL 100% // PARTS:POLYESTER 100% // AJUST BELT:HORSE LEATHER // EMBROIDERY YARN:RAYON 100%◎MADE IN JAPAN◎品番/AC25-097-SSpeg
¥16,500
FIELD LONG BILL CAP
カシミア混のキャバリーツイルを使用して製作した LONG BILL CAP。ツバのラウンドの形状と大きさは、オリジナルで型を作った拘りのポイント。◎カラー/CAMEL, FOREST◎素材/WOOL 85%, CASHMERE 15%◎品番/PMAO-AC03 〈 PHIGVEL - フィグベル 〉“NEW CLASSIC”をコンセプトに掲げ、普遍的なアメリカンカジュアルやミリタリーウェアを基盤とし、あくまでもオリジナルに敬意を払ったオーセンティックなデザイン。 わずかな要素を足し引きすることで現代的に昇華させ、パターン・ディテール・素材感に重点を置いた、良質で品格のあるものづくりを目指し展開しています。
¥20,900
COTTONY® NECK GAITER
気分やシーンに合わせて使い方は自在FYNELYNE の愛すべきサブキャラクターは他のインナーと組み合わせることによって相乗効果を発揮。もちろん単品使いも可能。首に着ければネックウォーマーとして、頭にかぶってヘアバンドにもしてもいいし、上で結べばニットキャップっぽくも。吸水性の高いコットン製なのでタオル代わりにもなり、マルチな活躍が見込める。人によって使い方は自由だが、金子氏は「自転車に乗る際、鼻の上までぐっと上げれば暖かく通気性もあってネックゲイターとして使える」とサイクリスト視点で愛用。◎カラー/BLACK, WHITE ◎素材/COTTON 100%◎MADE IN JAPAN◎サイズ/高さ40cm, 幅22.5cm 金子恵治 / ファッションディレクターセレクトショップ「エディフィス」でバイヤーを務めた後、自身の活動を経て、2015年に「レショップ」を立ち上げる。 現在は、ファッションに関しての広く深い知見を武器に、多方面で辣腕を振るう。FYNELYNE engineered by LIFiLL(ファインライン エンジニアド バイ リフィル)ブランドについてはこちら
¥3,300
Large Brushed Stole (pattern)
◎カラー/Checkered Navy, Checkered Black ◎素材/Baby Alpaca 100% ◎MADE IN The Peruvian Andes◎サイズ/W80×200cm〈 THE INOUE BROTHERS… - ザイノウエブラザーズ 〉デンマーク・コペンハーゲン生まれの日本人兄弟、井上聡(さとる)と清史(きよし)によって2004年に設立。2つの文化―日本の繊細さと北欧のシンプルさへの愛を基本として生まれたデザイン/アートスタジオを “Scandinasian”デザインと彼らは呼んでいます。The Inoue Brothersのブランドは、妥協することのない理想に沿いつつも徹底的にオープンな視点を忘れることなく展開されてきました。その結果、さまざまな土着の遺産・文化、また手工業に長けたコミュニティーとの強い絆を築くことができました。それぞれのプロジェクトにおいて、品質とデザインを通して、責任ある生産方法に対する関心を世の中に生み出すこと…それが彼らの最大の目標です。ペルーの高地にあるパコマルカアルパカ研究所とパートナーシップを築き、地元の放牧者が自らの生活様式から上手く利益を上げられるように援助しています。現地の研究所と対話をすることで、世界で一番高品質の「シュプリームロイヤルアルパカ」を開発するなど、現在ではアルパカ製品の世界的なエキスパートになっています。
¥30,800
Specs "7955"
オリジナルで製作したラウンドフレームサングラス。ハンドメイドのヴィンテージサングラスを再構築。限界まで細く、角を丸く削ったフレームが最大の特徴。完全な丸型では無い絶妙なレンズの形やテンプルのラインなど、拘りの詰まったサングラスです。OLIVE BROWNにはライトパープル のレンズが付きます。◎カラー/OLIVE BROWN◎素材/ACETATE◎品番/PMAN-AC05 サイズ レンズ ブリッジ テンプル One Size 42 22 145  (単位:mm) 〈 PHIGVEL - フィグベル 〉“NEW CLASSIC”をコンセプトに掲げ、普遍的なアメリカンカジュアルやミリタリーウェアを基盤とし、あくまでもオリジナルに敬意を払ったオーセンティックなデザイン。 わずかな要素を足し引きすることで現代的に昇華させ、パターン・ディテール・素材感に重点を置いた、良質で品格のあるものづくりを目指し展開しています。
¥40,700
gp-01 crystal
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 42 23 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥35,200
SOLD OUT
gp-01 écaille
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 42 23 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥35,200
SOLD OUT
gp-01 noir
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 42 23 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥35,200
SOLD OUT
gp-01 whisky
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 42 23 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥35,200
SOLD OUT
gp-02 écaille
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 43 22 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥35,200
SOLD OUT
gp-02 grir
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 43 22 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥35,200
SOLD OUT
gp-02 noir
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 43 22 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥35,200
SOLD OUT
gp-02 whisky
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 43 22 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥35,200
SOLD OUT
gp-03 écaille
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 44 22 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥35,200
SOLD OUT
gp-03 noir
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 44 22 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥35,200
gp-03 rose
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 44 22 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥35,200
gp-03 whisky
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 44 22 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥35,200
gp-04 crystal
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 42 22 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥35,200
gp-04 écaille
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 42 22 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥35,200
SOLD OUT
gp-04 noir
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 42 22 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥35,200

Showing: 1 - 20 of 120

メールマガジン登録ありがとうございました。