重箱 印判
呉須 四角ちらし 中 蓋
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W130×D130×H5mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥2,200
重箱 印判
呉須 四角ちらし 中 身
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W130×D130×H53mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥4,400
重箱 印判
呉須 四角ちらし 小 蓋
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W85×D85×H5mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥1,320
重箱 印判
呉須 四角ちらし 小 身
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W85×D85×H43mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥2,640
重箱 印判
呉須 極七宝 中 蓋
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W130×D130×H5mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥2,200
重箱 印判
呉須 極七宝 中 身
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W130×D130×H53mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥4,400
重箱 印判
呉須 極七宝 小 蓋
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W85×D85×H5mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥1,320
重箱 印判
呉須 極七宝 小 身
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W85×D85×H43mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥2,640
重箱 印判
呉須 縞 中 蓋
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W130×D130×H5mm
¥2,200
重箱 印判
呉須 縞 中 身
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W130×D130×H53mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥4,400
重箱 印判
呉須 縞 小 蓋
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W85×D85×H5mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥1,320
重箱 印判
呉須 縞 小 身
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W85×D85×H43mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥2,640
重箱 印判
赤絵 菱結 中 蓋
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W130×D130×H5mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥2,200
重箱 印判
赤絵 菱結 中 身
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W130×D130×H53mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥4,400
重箱 印判
赤絵 菱結 小 蓋
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W85×D85×H5mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥1,320
重箱 印判
赤絵 菱結 小 身
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W85×D85×H43mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥2,640
重箱 印判
赤絵 角松皮菱 中 蓋
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W130×D130×H5mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥2,200
重箱 印判
赤絵 角松皮菱 中 身
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W130×D130×H53mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥4,400
重箱 印判
赤絵 角松皮菱 小 蓋
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W85×D85×H5mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥1,320
重箱 印判
赤絵 角松皮菱 小 身
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W85×D85×H43mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥2,640

Showing: 1 - 20 of 30

You have successfully subscribed!