東屋

バターケース 半切

¥5,076

山桜の無垢材を用いたバターケースはシンプルだけど暖かみのある風貌をしています。山桜の木は反りや狂いが少なく粘りもあるので、温度変化を伴うバターケースに適した素材です。木の断熱性、保冷性が内部の温度を緩やかに変化させてバターの鮮度を保ち、隙間なく保管することで酸化による味の変化も少なく、バター本来の品質が長持ちします。他の材質の容器に比べ、冷蔵庫の中でバターが固まりすぎることもありません。また、仕上げに胡桃油を塗布することで、油の皮膜で木の乾燥を抑え、更に反りや狂いを防ぎます。胡桃油は香りが弱いため、バターの風味を妨げることなく味わうことができます。重要なポイントは、接着剤を使用せず、一本の木をくりぬいて作るという最も手間のかかる手法で作り上げられているということ。東屋の商品だからこそ、ここまでこだわった一品ができるのです。

◎製造/四十沢木材工芸(石川県輪島市)
◎デザイン/猿山修
◎素材/山桜+胡桃油
◎サイズ/200g半切 幅142×奥行62×高さ52mm

※各サイズの目安容量
200g半切  200gのバターを縦長に半分に切ったサイズが収まります。
200g全判  200gのバターがそのまま収まります。
450g四つ切 450gのバターを四等分に切り分け、その一つが収まります。
※木目やサイズ等の数値は個体差がございます。

※店頭と在庫を共有しているため、商品を確保できない場合がございます。あらかじめご了承ください。商品のご用意ができない場合は改めてご連絡いたします。
※写真は自然光で室内撮影しております。実際の色味とは差異がございます。

最近チェックした商品