POP-UP STORE 6/15(土)〜

「ANATOMICA 」
「THE LAKOTA HOUSE」
「JOJO」
「Abu Garcia」

場所 : ref.01 広島市中区袋町8-18 
TEL:082-569-8888
営業時間 : 11:00-19:00

************
【ANATOMICA】
現代のセレクトショップの源となったショップ『GLOBE』を筆頭に、1970年代より世界中のファッションシーンに多大な影響を与え、今なお現役であるPIERRE FOURNIER(ピエール・フルニエ)。彼が1994年にパリ4区にオープンしたお店が『ANATOMICA(アナトミカ)』である。
“多種多様な人体にフィットする服と靴”をコンセプトに、既存のそれとは一線を画すフィッティングを重要視した普遍的で上質なものづくりを発信しています。

今回のイベントでは、ANATOMICAのメンズ&レディースの夏物商品ご覧いただけます。

【THE LAKOTA HOUSE】
アメリカ最高峰のシューズブランド、ALDEN。輸入総代理店であるTHE LAKOTA HOUSEにより、ALLDENのアーカイブの中から厳選したモデルを展開。
アメリカントラッドの旗手ALDENは、その歴史を130余年に数え、選りすぐられた最上級の素材を用いコンフォータブルなフィット感で、長年世界中の靴を愛する人々に代え難い至高の存在として親しまれています。実際にフィッティングし、自分だけの最高の一足をお選びください。

【JOJO】
ビーチサンダル、ゴム草履、フリップフロップ。
国境を超えて世界中で親しまれる現代の足の供の歴史を辿ると、自ずと日本古来の履物文化に行き着きます。
日本で生まれた草履が現代のライフスタイルに合わせて現代のサンダルとして形を変え、 今ではハワイの海辺からインドの僧院にいたるまで、あらゆる場所でわたしたちの日常に溶け込んでいます。
美しく放物線を描く花緒は、普遍的な機能性と構造美でサンダルの形を象徴していますが、 そんな完成されたサンダルのデザインを、この度京都・祇園の老舗履物匠「ない藤」が新たに描き直しました。
原点を見つめながらも未来作りに挑戦し、スーパーベーシックを目指す「mana PROJECT」。
その第一弾として、まったく新しい履物のカタチ『JoJo』をお届けします。 

【Abu Garcia】
アブ・ガルシアは、1921年スウェーデンでカール・アウグスト・ボーストロームという時計職人が会社を起こしたことに始まったフィッシングブランド。 古い教会を改修して工場にしたこの会社は、ABU社と命名され、現在のアブ・ガルシアの原点となる。 第二次世界大戦も終わった1951年にABU社はスウェーデン王室御用達の名誉を授かり、その際に与えられた徽章はブランドのシンボルとなり、今なお多くの製品に付けられている。
2019FWシーズンより長い歴史で培われたフィッシングディティールをタウン向け仕様に落とし込まれれたアパレルがデビュー。