• 金子恵治監修「FYNELYNE engineered by LIFiLL」1月21日(土)発売

    金子恵治監修「FYNELYNE engineered by LIFiLL」1月21日(土)発売

    FYNELYNE engineered by LIFiLL2023.01.21 (sat) ON SALE セレンディピティ。クリエイティブ・ディレクターの金子恵治氏と、“究極の着心地”を掲げるカットソーブランド・LIFiLLが引き寄せ合ったのは運命だったのかもしれない。「日本に新しい肌着文化を作りたい」金子氏は最良の生地を、LIFiLLは多様性ある形を求めていた。金子氏の世界観とLIFiLLのDNAを組み合わせたとき、ファッションとアンダーガーメントの要素が交差した7つのプロダクトになって現れた。「FYNELYNE engineered by LIFiLL」の物語が今始まる。 ----------------------- テキスタイル業界のリーディングカンパニー、スタイレム瀧定株式会社による D2C ブランド『 LIFiLL (リフィル) 』は、クリエイテ ィブ・ディレクター金子恵治氏をコラボレーターとして迎えた男性向けのアンダーガーメント『 FYNELYNE engineered by LIFiLL (ファインライン エンジニアド バイ リフィル) 』の販売を 2023年1月21日(土)よりスタート。 ----------------------- LIFiLL は LIFE(生活) + FILL(満たす) = LIFiLL(生活を満たす) がコンセプトの、五感で感じる上質な、こだわりの日本製カ ットソーブランド。この度、「日本に新しいアンダーウェアの文化を作りたい」そんな使命感を長年抱いていた、名店レショップのコンセプターであ り、数多のブランドと協業を行っている金子恵治氏とタッグを組み、LIFiLL 初となるコラボレーションプロジェクト『FYNELYNE engineered by LIFiLL』が誕生。LIFiLL の『COTTONY®(コットニー)』クオリティをメンズアンダーガーメントに落とし込みました。金子氏が LIFiLL の「COTTONY®」という綿の生地と運命的な出会いを果たし、「この生地なら理想のアンダーウェアができるか もしれない」と予感を持ったことがすべての始まり。超長綿のスーピマコットンを使った「COTTONY TENJIKU®」をベースに 生地開発からスタートし、首周りの構造を 1 mm単位で微細に調整したパターンを作り、製品パッケージのデザインにいたるまで 試行錯誤し作り上げました。トップスにフォーカスした全 7 型、ブラックとピュアホワイトの 2 色が揃います。このプロジェクトのために作られた新しい生地「COTTONY®feather」のしなやかでなめらかなタッチや、ごろつきを極力排し たテクニカルな縫製など、着心地を良くするために日本の技術が惜しみなく注ぎ込まれ、ジャストに近い緩さを感じる、下着と しての十分な機能性を持ちながらファッションを取り入れた、一枚着として着用可能なフィッティングやデザインには金子氏の アイデアが存分に活かされています。生地とデザイン、妥協ないモノづくりへの信念を持つ両者の理想が結実したアンダーウェアプロジェクト、「FYNELYNE」。メン ズアンダーガーメントに誕生した新たなマスターピースが、固まったインナー観を変え、コーディネートの幅を豊かに広げます。 取扱店舗ref.@ref.store_ref. / Web...
  • 年末年始の営業に関して

    年末年始の営業に関して

    2022年も残すところあとわずかとなりました。 本年中も格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上ます。 年末年始の営業は下記の通りとさせていただきます。 何卒よろしくお願いいたします。 ref. HIGHBRID SOPH. HIROSHIMA THE NORTH FACE STANDARD HIROSHIMA 12/30   11:00-19:0012/31 - 1/1  CLOSED  1/2  10:00-19:00  1/3  11:00-19:00 HOODS HIROSHIMA 12/30  11:00-18:0012/31 - 1/1  CLOSED  1/2  10:00-18:00  1/3  11:00-19:00 F.I.L.HIROSHIMAF.I.L.FUKUOKADESCENDANT HIROSHIMA 12/30  11:00-19:0012/31 - 1/1  CLOSED  1/2  11:00-19:00  1/3  11:00-19:00 ref. Web Store 12/31 - 1/1  出荷業務休止1/2 から順次出荷いたします
  • Subsequence SALON vol.2 My Archive

    Subsequence SALON vol.2 My Archive

    「My Archive」展によせて(「My Archive BOOKLET」掲載)文:井出幸亮写真:深水敬介 過去の時代に作られたアーカイヴを自分なりに掘り下げて見ていくと、色々なことに気づいたりします。最近、特に感じるのは、江戸時代に作られたものと明治以後の時代に作られたものの違い。その背景には「産業革命」というものづくりの環境の変化があります。 産業革命は18世紀中頃から19世紀初頭、イギリスから始まった、石炭と蒸気力の利用を中心とした技術革新による社会の変化で、つまりは「大規模工場で、機械を使って商品を大量に生産できるようになった」ということ。その動きはヨーロッパからアメリカへと普及し、交通網と流通の発達とともに、企業がより安価で労働力が確保できる地域で生産し、それを主に大都市の人々が消費するという資本主義的な体制も確立していきました。 一方で、日本では江戸時代が長く続いていて、こうした欧米式の産業革命の導入が遅れ、明治維新後になって国策として急速に取り入れられました。その意味で、僕らは学校の歴史の授業なんかでは「江戸時代は政治や商業、学問などの面で“遅れて”いた、貧しく前近代的な社会」というように教えられてきた面があると思うんです。 だけど、僕が江戸時代に作られた着物や工芸や、美術などを実際に手に取り、見ていく内に感じた印象は、それとはまったく違うものでした。それらの多くが、後の時代に作られたものよりも、ずっと力強くて、個性的で、自然に近い魅力があり、人間らしい美しさがあると感じるんです。短時間で大量にものを作ることができなかった時代、人々は時間をかけてこしらえた貴重なものを大切にして、できる限り修理して使い続けたでしょう。当時の裂き織りや刺し子の「ぼろ」などを見ていると、彼らが暮らしの中でどれほどものを大事に思い、手をかけ、深く付き合っていたかが伝わってきます。 ものには、それが作られた時代の空気や、それを作った人たち、また使った人たちの精神性みたいなものが必ず現れてくると僕は思っています。自分たちで使うため、あるいは小規模な商いで顔が見える範囲のお客さんのために作られたものは、やはりその背後にある気持ちが、経済合理性を優先した大量生産品のそれとはまったく違うように感じます。産業革命以後、経済の規模が大きくなり、人々は豊かになったと僕らは教えられてきましたが、果たして本当に僕らの心は豊かになっているのかなと。 産業革命に“遅れた”地域だった日本には幸いにも、現在でもまだ、経済合理性ばかりを追求せず、小さい規模で良いものを作り続けている職人の方々がかろうじて残っています。そんな“江戸の文化”を今こそ、見直してみるべきタイミングじゃないかと感じています。 〈visvim〉クリエイティブディレクター中村ヒロキ Subsequence SALON vol.2 My Archive会期:12/17(土)~1/9(月) *12/31(土)、1/1(日)は休業営業時間:11:00〜19:00会場:「ref.03」 広島県広島市中区袋町8-18 2F イベント詳細はこちら ref. / Web Store会期中はウェブストア からも一部商品をご購入いただけます商品一覧
  • 2022.12.16発売 / PHIGVEL × HIGHBRID

    2022.12.16発売 / PHIGVEL × HIGHBRID

    PHIGVEL EXCLUSIVE PRODUCTSHIGHBRID別注“EX W/CA DRIZZLER JACKET”2022.12.16 / 11:00発売SOLD OUT発売に先駆け、対談記事を掲載しました。ブランドのパーソナルな部分に迫る対談等、読み応えのある内容となっております。ぜひご覧下さい。対談記事
  • 12/9(金)発売 / Exclusive Collection”AVIREX7522”

    12/9(金)発売 / Exclusive Collection”AVIREX7522”

    Exclusive Collection “AVIREX7522”USAFのヒーローの精神を生き続けさせるという信念に基づき、1975年にアメリカ空軍のコントラクターとして創業したAVIREX。フライトジャケットの生産を一貫して続けてきたそのレガシーを受け継ぎながらも、プロダクトをモダンに昇華させたエクスクルーシブコレクションになります。“AVIREX7522”というブランド名は、創業の1975年と今回のローンチの2022年から名付けられたもので、過去を受け継ぎ未来を開くという姿勢から。不定期で展開予定のコレクションとなる今回の第一弾は、1939年〜1943年のモデルをベースにしたオーストラリア産の上質なシープスキンを使用したB-6や、1941年〜1950年のモデルをベースに66ナイロンの表地とウールパイルの中綿を使用したMA-1等、AVIREX7522ならではのフライトジャケット4型を軸にオールインワン、アーミーセーター、サーマルシャツ、チノトラウザー、スウェットシャツ、スウェットパンツ、Tシャツの計11型をラインナップ。全てのアイテムにはブランクのドックタグが付属します。モダナイズされたAVIREXのヘリテージを是非ご堪能ください。 2022.12.9 発売ref.02@ref.store_広島市中区袋町8-18082-569-8888 ※ ref.実店舗のみでの取扱いアイテムです
  • new item / maruni × ref.

    new item / maruni × ref.

    姿見の姉妹商品が登場。その名もお化粧鏡。姿見のスタイリッシュさをそのままに、卓上で使用できる鏡が完成しました。お化粧鏡の発売に合わせ、対談記事も掲載しましたので合わせてご覧ください。 商品ページ:お化粧鏡対談記事はこちら
  • Subsequence SALON vol.2 My Archive

    Subsequence SALON vol.2 My Archive

    Subsequence SALONvol.2 My Archive 〈Subsequence SALON〉は雑誌『Subsequence』のディレクションによって選びぬかれた古今東西のアート&クラフトを期間限定で展示・販売するポップアップ・ギャラリーです。『Subsequence』取扱店である「ref.」が今秋オープンする新たな展示スペース「ref.03」を会場にし、最新号5号の特別付録でも紹介された中村ヒロキ『My Archive』(マガジンハウス刊)展を開催します。 ------------------------------ 『My Archive』は、雑誌『POPEYE』誌上で2012年から2018年まで続いた、〈visvim〉クリエイティブディレクター・中村ヒロキの連載。中村がこれまでに出会って心惹かれ、ものづくりを行う上でのインスピレーションを得てきたモノを毎回1つ取り上げ、その魅力について語るというシリーズ企画で、2018年に〈POPEYE BOOKS〉より単行本化されました。「そのモノのどこに惹かれたのかを考え、感じたままにその魅力を紹介する」。それは、世間の評判や他人の意見から離れ、「自分にとっての価値」を考えることの大切さを伝える姿勢です。この連載での取り組みが、その後『Subsequence』発行へと繋がっていくことになりました。本展は、書籍内で紹介されている時代や国、文化など様々な品を数多く展示する貴重な機会です。また、会場では『Subsequence』本誌はもちろん、版元では現在、在庫切れとなっている書籍『My Archive』、本展に合わせて制作したTシャツやバッグなどのオフィシャルグッズも販売します。是非ご来場ください。 会期:12/17(土)~1/9(月)*12/31(土), 1/1(日) は休業営業時間:11:00〜19:00*12/17(土)はトークイベント開催のため14時まで会場:ref.03/広島市中区袋町8-18 2F------------------------------ Subsequence Talk Subsequence SALON vol.2 My Archive 開催記念トークイベント これまであまり語られていなかった『Subsequence』発行の経緯。発行人・中村ヒロキ、編集長・井出幸亮の両人が登壇し、そのきっかけの一つでもある『My Archive』連載を振り返りながら、本誌のコンセプトや紙媒体に対する思い、今後の展望などについて話します。 日時:12/17(土)17:00〜18:00会場:ref.03/広島市中区袋町8-18 2F 参加方法:12/2(金)12:00 より、ref. / Web Store にて抽選申込を受け付けます(受付終了:当選者の方へ、12/3に当選のご案内メールをお送りいたしました)参加費:無料出演:中村ヒロキ(visvimクリエイティブディレクター/Subsequence発行人)、井出幸亮(Subsequence編集長) イベントの詳細はSubsequenceオフィシャルサイト、Instagramでご確認ください。
  • pop-up item / PHENIX ARCHIVAL RESEARCH

    pop-up item / PHENIX ARCHIVAL RESEARCH

    PHENIX ARCHIVAL RESEARCH / フェニックス アーカイバル リサーチ 1952年に日本で誕生し、当時の最新素材であるナイロンをいち早くスキーウェアに導入したスキーウェアブランドである〈phenix〉。この度、70年に及ぶブランドの歴史を丁寧に紐解き、現代的に再構築した新レーベル〈PHENIX ARCHIVAL RESEARCH(フェニックス アーカイバル リサーチ)〉がスタートする。過去の膨大なデザイン資料にあたり、考古学的なアプローチにてプロジェクトの陣頭指揮を取ったのは、ファッションディレクターの金子恵治。ファッションとスポーツが高次元で融合した、新たなコレクションが誕生した。 ファッションとスポーツの融合。発想としては珍しいものではない。これまでに同様のコンセプトで、多くのプロダクトが生まれてきた。 ただ、それらは必ずどちらかに寄っている。今回〈PHENIX ARCHIVAL RESEARCH〉が目指したのは、ファッションとスポーツが寸分の狂いもなく、50/50の状態である。雪山でストレスなく着用できる機能性を備え、なおかつ街中で身につけていて気分が高揚するようなファッション性にも目配せがされ ていること、それが大前提となる。ブランドの財産である過去の膨大なデザイン資料にあたるなかで、変化の激しいスキー界のトレンドにおいて目に留まったのは、特徴的 で興味深いディテールの数々。 それらが醸し出すある種のいなたさに、情緒的な魅力と現代での有効性を感じ取り、プロジェクトの具 体的な方向性が決まった。素材が進化すれば機能も進化し、デザイン、ディテールはそれに伴い変化していく。すなわち、よりシンプルかつソリッドに、未来的なムードをまとっていく。つまり、テクノロジーが進化することによって失われていくいなたさ、愛らしさのようなものを落とし込んだコレクションができないだろうか、 という問いに応えたのが 〈PHENIX ARCHIVAL RESEARCH〉なのである。ファッション界ではトレンドは螺旋状だと言われている。一方、スポーツ界におけるテクノロジーはあくまで直線的である。本来交わるはず のない両者の交差点を模索 した結果、どこにもない現代服が完成した。 2022.11.11(fri) より販売開始--------取扱店舗--------ref.〒730-0036 広島市中区袋町8-18082-569-8888HIGHBRID〒737-0046 呉市中通 2-7-90823-25-7625--------------ref. / Web Store同日0:00より発売商品一覧---------------------------- ■ PROFILE金子恵治 / ファッションディレクターセレクトショップ「エディフィス」でバイヤーを務めた後、自身の活動を経て、2015年に「レショップ」を立ち上げる。 現在は、ファッションに関しての広く深い知見を武器に、多方面で辣腕を振るう。phenix / フェニックス「phenix」は、1952年に日本で誕生し、これまで1955年当時の最新素材・ナイロンをいち早くスキーウェアに導入しスキーウェアブランドとして礎を築く。1978年のダウラギリ遠征(8167m)では、国内で初めてヒマラヤの超高所に耐えうるダウンウェアを開発し登頂をサポート。近年では、技術力の高さが認められオリンピック日本代表選手に何度も製品供給を行ったり、世界トップレベルを誇るノルウェーアルぺンスキーチームのオフィシャル サプライヤーとして長年、最先端のスキーウェア製作を行うなど、ブランド創設70年を迎える今も世界を席巻するブランドとして展開。
  • new item & staff blog / THE INOUE BROTHERS...

    new item & staff blog / THE INOUE BROTHERS...

    THE INOUE BROTHERS...(ザイノウエブラザーズ)newBaby Alpaca Crew
  • 《 ref. / Web Store メルマガ会員様限定販売 》NEAT - ref.別注アイテム

    《 ref. / Web Store メルマガ会員様限定販売 》NEAT - ref.別注アイテム

    NEAT“ ref.別注 SILK DENIM WIDE ”22SSリリースのOVERALL SHORTSで使用されたSILK DENIM生地をWIDEで別注。このスペシャルなアイテムを ref. / Web Store メルマガ会員様限定で販売いたします。一般的な綿のデニム生地と違い、柔らかで心地よい肌触りと特有の風合いを味わえます。経年変化も楽しみで育てがいのある他には無い特別な1本です。是非お求めください。ref.別注 SILK DENIM WIDE◎価格/¥41,800-◎品番/22-02SDW for ref.◎カラー/INDIGO◎サイズ/44, 46, 48◎素材/SILK 100%◎モデル/175cm, size 46●購入方法商品発売日時:10月29日(土) 11:00メルマガ登録いただいた方へ、商品ページのURLを記載したメルマガを配信いたします。発売開始時間になりましたらお送りしたURLより商品ページにお進みいただき、ご購入のお手続きをお願い致します。※メルマガ配信日時:10月25日 19:00以降、10月28日 19:00以降、10月29日 19:00以降(配信日の19時までに登録いただいた方へ配信いたします)※数に限りがございます。※メルマガの受信時間にはタイムラグが生じます。あらかじめご了承ください。※迷惑メールに振り分けられることがございますのでご注意ください。【info@refnet.tv】からのメールを受信できるようにドメイン設定をお願いいたします。※メルマガは無料配信です。※すでにメルマガ会員の方は、再登録は不要です。●メルマガ登録方法トップページ下部にメールアドレスを入力するフォーマットがございます。(画像参照)メールアドレスを入力して「登録」をクリックしていただけますと登録が完了です。※登録完了のメールは配信しておりませんので、ご入力いただいたアドレスにお間違いがないようにご注意ください。トップページはこちらから→「トップページ」
メールマガジン登録ありがとうございました。