木瓜角皿
熊本県天草市で採れる天草陶石だけを使った生地に、少し雑味を残した土灰釉を掛けて焼いています。シンプルな無地だから和食にはもちろん、洋食や中華と料理を選びません。また、取り皿にも盛り皿にも使える大きさも魅力のひとつ。手に取りやすい大きさで少し深めの角皿は、とても使いやすく、毎日の食卓で手放せないアイテムになるでしょう。 製造/白岳窯(長崎県波佐見町)素材/天草陶石, 土灰釉サイズ/正角 W160×D160×H36mm, 長角 W218×D120×H36mm
¥2,310
丼鉢 文祥 平
◎製造/文祥窯(佐賀県伊万里市)◎デザイン/猿山修◎素材/泉山陶石、白川釉石、土灰、呉須◎サイズ/φ156×H67mm◎重量/380g◎容量/550ml(満水時)◎備考/電子レンジ可・食洗機可※数値は個体差があります
¥5,940
SOLD OUT
丼鉢 文祥
◎製造/文祥窯(佐賀県伊万里市)◎デザイン/猿山修◎素材/泉山陶石、白川釉石、土灰、呉須◎サイズ/φ164×H91mm◎重量/435g◎容量/790ml(満水時)◎備考/電子レンジ可・食洗機可※数値は個体差があります
¥6,600
丼鉢 薫
柔らかな安定感。 柔らかなフォルムに青い輪線がすっきり入った丼。安定感のあるたっぷりとした腰の曲線は、持つ際に手の平へのなじみが良いのが特徴です。口縁はシャープに外側へせり出しているので口当たりが良く、スムーズにつゆを飲み干すことができます。また、大きさの割に重さが抑えめなのも嬉しい。季節に合わせた麺類やどんぶり飯をどうぞ。長崎県波佐見町の光春窯で手挽きで製造されており、形は渡邊かをるさん、輪線は猿山修さんのデザインです。◎製造/光春窯(長崎県波佐見町)◎デザイン/渡邊かをる、猿山修◎素材/天草陶石、柞灰、呉須◎サイズ/φ147×H88mm◎重量/370g
¥6,600
SOLD OUT
KAORU 菓子皿
まるでトレーのようにフラットな面はありそうでないデザイン。シンプルだけど、質感や個性もしっかりとある。和菓子にも洋菓子にも合う、透明感のある真っ白な器の上にポン、と菓子をのせるとまるでひとつの作品のようです。 ◎素材/磁器-白磁◎産地/長崎県波佐見町◎サイズ/φ170×H15 mm
¥2,860
重箱 印判
赤絵 菱結 中 蓋
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W130×D130×H5mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥2,750
重箱 印判
赤絵 菱結 中 身
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W130×D130×H53mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥5,500
重箱 印判
赤絵 菱結 小 蓋
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W85×D85×H5mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥1,760
重箱 印判
赤絵 菱結 小 身
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W85×D85×H43mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥3,520
重箱 印判
赤絵 角松皮菱 中 蓋
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W130×D130×H5mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥2,750
重箱 印判
赤絵 角松皮菱 中 身
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W130×D130×H53mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥5,500
重箱 印判
赤絵 角松皮菱 小 蓋
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W85×D85×H5mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥1,760
重箱 印判
赤絵 角松皮菱 小 身
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W85×D85×H43mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥3,520
重箱 印判
呉須 縞 中 蓋
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W130×D130×H5mm
¥2,530
重箱 印判
呉須 縞 中 身
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W130×D130×H53mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥5,060
重箱 印判
呉須 縞 小 蓋
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W85×D85×H5mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥1,650
重箱 印判
呉須 縞 小 身
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W85×D85×H43mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥3,300
重箱 印判
呉須 四角ちらし 中 蓋
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W130×D130×H5mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥2,530
重箱 印判
呉須 四角ちらし 中 身
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W130×D130×H53mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥5,060
重箱 印判
呉須 四角ちらし 小 蓋
日常の食卓に印判重箱を。 お正月やお花見など季節ごとの節句や伝統的なシーンで登場する重箱は、日常で使うには堅苦しいイメージがあるかもしれません。ところが実際に使用してみると、普段の食卓にもしっくり馴染み、また彩りを華やかにもしてくれます。磁器でできているからこそ手入れもしやすく、普段使いに活躍します。手作業で作られているこの重箱は、とても精度が高いということも知って頂きたいのです。磁土は粘性があまりないので、形を成形するのにかなりの技術を必要とします。型ものを使用せず、職人さんが一つ一つ手作業で作るということは、とてつもない手間ひまを要しています。サイズや柄ごとに盛りつけを工夫してみたくなる、イマジネーションをはたらかせて、自分なりにアレンジを加えてみたくなる、そんなこだわり心をくすぐられます。 ◎製造/長崎県 波佐見町◎素材/磁器◎サイズ/W85×D85×H5mm◎電子レンジ/呉須・赤絵:可、銀:不可
¥1,650

Showing: 1 - 20 of 35

登録いただいたメールアドレス宛に、確認メールをお送り致しました。
確認メールよりメールマガジンの登録を行ってください。