Subsequence SALON vol.2 My Archive

Subsequence SALON
vol.2 My Archive

Subsequence SALON〉は雑誌『Subsequence』のディレクションによって選びぬかれた古今東西のアート&クラフトを期間限定で展示・販売するポップアップ・ギャラリーです。

Subsequence』取扱店である「ref.」が今秋オープンする新たな展示スペース「ref.03」を会場にし、最新号5号の特別付録でも紹介された中村ヒロキ『My Archive』(マガジンハウス刊)展を開催します。

------------------------------

My Archive』は、雑誌『POPEYE』誌上で2012年から2018年まで続いた、〈visvim〉クリエイティブディレクター・中村ヒロキの連載。中村がこれまでに出会って心惹かれ、ものづくりを行う上でのインスピレーションを得てきたモノを毎回1つ取り上げ、その魅力について語るというシリーズ企画で、2018年に〈POPEYE BOOKS〉より単行本化されました。

「そのモノのどこに惹かれたのかを考え、感じたままにその魅力を紹介する」。それは、世間の評判や他人の意見から離れ、「自分にとっての価値」を考えることの大切さを伝える姿勢です。この連載での取り組みが、その後『Subsequence』発行へと繋がっていくことになりました。

本展は、書籍内で紹介されている時代や国、文化など様々な品を数多く展示する貴重な機会です。また、会場では『Subsequence』本誌はもちろん、版元では現在、在庫切れとなっている書籍『My Archive』、本展に合わせて制作したTシャツやバッグなどのオフィシャルグッズも販売します。是非ご来場ください。

会期:12/17(土)~1/9(月)
*12/31(土), 1/1(日) は休業
営業時間:11:0019:00
*12/17(土)はトークイベント開催のため14時まで
会場:ref.03/広島市中区袋町8-18 2F

------------------------------

Subsequence Talk

Subsequence SALON vol.2 My Archive 開催記念トークイベント

これまであまり語られていなかった『Subsequence』発行の経緯。発行人・中村ヒロキ、編集長・井出幸亮の両人が登壇し、そのきっかけの一つでもある『My Archive』連載を振り返りながら、本誌のコンセプトや紙媒体に対する思い、今後の展望などについて話します。

日時:12/17(土)17:00〜18:00
会場:ref.03広島市中区袋町8-18 2F

参加方法:12/2(金)12:00 より、ref. / Web Store にて抽選申込を受け付けます(受付終了:当選者の方へ、12/3に当選のご案内メールをお送りいたしました
参加費:無料
出演:中村ヒロキ(visvimクリエイティブディレクター/Subsequence発行人)、井出幸亮(Subsequence編集長)

イベントの詳細はSubsequenceオフィシャルサイト、Instagramでご確認ください。

メールマガジン登録ありがとうございました。