The Trunk Market スペシャル企画②

17日はNYからDJ/フォトグラファーのニコラス・テイラー
ロンドン+コペンハーゲンからザ・イノウエ・ブラザーズをref.に招聘。
見るからにアンダーグラウンドでヤバいこの写真が、なにかご存知でしょうか? “The band GRAY”とクレジットがあります。 この”GRAY”とは、ジャン・ミシェル・バスキアやヴィンセント・ギャロ、マイケル・ホルマンなども所属していたニューヨークのアヴァンギャルド・バンドのことです。
この写真を撮影したのが、GRAYのメンバーでもあった、DJ/フォトグラファーのニコラス・テイラー。
「Mudd Club(マッドクラブ)」でのGRAYのライブパフォーマンスやバスキアのポートレイトを捕らえた、80年代前半のニューヨーク下町の魂を歴史に残す重要な写真コレクションなのです。
この度、ニコラス・テイラーが撮影した写真を使った、写真集とTシャツが発売になります。
写真集に関しては、オリジナルネガからニコラスが自分のラボで写真を現像し限定写真コレクションを作り、2008年と2014年にわたり写真集を2度出版しています。
ただ、今回のようにニコラスの写真と文章が本として出版されるのは初めてだそうです。
しかも500冊のみの限定印刷で、日本で紹介されるのも今回が初めてという、初めてづくしなのです。
そして、このTシャツリリースの方に深く関わっているのが、〈ザ・イノウエ・ブラザーズ(The Inoue Brothers)〉の二人なのです。
彼らは自分達の青春時代に強く影響を受けた、グラフィティとヒップホップのカルチャーの重要なコントリビュータに会い感動、そこから今に至るまでの特別なコラボレーションが始まりました。
今回、The Trunk Marketに合わせてニコラス・テイラー、そして〈ザ・イノウエ・ブラザーズ〉のデザイナー・サトル氏とキヨシ氏を招聘し、コペンハーゲン発のアートマガジン「PLETHORA MAGAZINE / プレソラマガジン」による写真集「Artist Edition Series / J-M. BASQUIAT through Nicholas Taylor」の発売&ニコラスによるブックサイン会、イノウエブラザーズによるフォトTeeの発売、今回は特別にニコラスがバスキアを撮り下ろしたオリジナルプリントの展示・販売も行います。
彼らと直接話ができる機会自体、とても貴重なものです。ふるってご参加ください。
Jean-Michel Basquiat through Nicholas Taylor
by THE INOUE BROTHERS
会場:ref.
住所:広島市中区袋町8-18
日程:5月17日(Sun)
時間:16:00▷20:00
電話:082.569.8888
Nicholas Taylor a.k.a DJ High Priest
DJ/フォトグラファー。
あのジャン・ミシェル・バスキアやヴィンセント・ギャロ、マイケル・ホルマンなども所属していたニューヨークのアヴァンギャルド・バンド、『GRAY』のメンバー。また80年代後半に活動し、今も精力的に活動を行っている知る人ぞ知る伝説のノーウェイヴ/ヒップホップバンド、Rammelzee(ラメルジー)も所属している『Death Comet Crew』のDJ/ビートメイカーでもある。そしてN.Y.C.ブレイカーズのDJ、はじめてスクラッチをした白人DJ。さらにフォトグラファーとしても活動するなど様々な”顔”を持つ、『ニューヨークの生ける伝説』とよばれる男。
The Inoue Brothers
いのうえ・さとる&きよし
兄の聡は1978年、清史は1980年生まれ。ともにデンマークのコペンハーゲンで生まれ育った。「ザ・イノウエブラザーズ」の特徴である「日本の繊細さ」と「北欧のシンプルさ」への愛情を基本に生まれたデザインを、彼らは「Scandinasian」(スカンジナジアン)デザインと呼ぶ。聡はコペンハーゲンを拠点にグラフィックデザイナーとして、清史はロンドンを拠点にヘアデザイナーとしても活躍。

ref.(レフ.)
広島市中区袋町8-18
082-569-8888

You have successfully subscribed!