YOSHITOMI GURA⑥

運良くまだ解体されてなかったので見せて頂きました。しかしこの梁の継ぎ方は初めて見ました。