• MONOLITH POP UP STORE at HIGHBRID

    MONOLITH POP UP STORE at HIGHBRID

    「MONOLITH POP UP STORE at HIGHBRID」 1/27(金)よりMONOLITHのPOP UP STOREを開催致します。 期間中は、オン・オフ問わず様々なシーンで機能を発揮するバックパックや、2WAY仕様のブリーフケース、コンパクトさと収容力を兼ね備えたミニショルダーを軸に【STANDARD】 【OFFICE】 【PRO】 の3つコンセプトに分けて作られたモデルをご用意しました。また、MONOLITHをお買い上げの方にノベルティをプレゼント。※数量限定となり、なくなり次第終了となります。この機会をお見逃しなく。-about-MONOLITH(モノリス) @monolithpack_official「次世代のスタンダードとなる最高のバッグ&ラゲージを提供する」をキーワード とし、日常使いとしてはオーバースペックとも言えるほどの機能を盛り込んだ長く愛用できる理想のバッグブランド。「一生これでいい」とユーザーに思って頂ける耐久性、機能性、合理性を追求しています。 HIGHBRID@highbridstore会期:1/27(金)-2/6(月)ref. / Web Store商品一覧 スタッフブログ「デザイン性と機能性の融合」
  • 『 Ultimate Black and Ultimate Navy by ATON』Vol.2

    『 Ultimate Black and Ultimate Navy by ATON』Vol.2

    『 Ultimate Black and Ultimate Navy by ATON』Vol.2昨年ご好評を頂きました、私たちのワードローブの中で欠かすことの出来ないカラーといえるブラックとネイビーに着目した限定コレクションのイベントを今年も開催致します。多くのブランドのカラーパレットの定番色として登場する2つの色ですが、今回はブラックには日本古来から建物の外壁などに使われている伝統技法の『焼杉』の黒に着目しました。焼杉とログウッドを混ぜ合わせた深みのある黒を実現する特別な染料を中心に、ネイビーには私たちが大切にしているKYOTO INDIGOでの染色に松煙染の工程を加えた深味のある色を提案しています。今回は70年代に見られた古き良きナイロンを再現すべく、糸の開発から行ったオリジナル素材が登場します。ナイロンやコットンローンにボタニカルダイを施したアイテムなどで構成するスペシャルコレクションを、ATON AOYAMAをはじめ、奈良、福岡、広島でのセレクトショップで受注会イベントとして開催いたします。ATON ONLINE STOREでもご注文いただけます。ディレクターの久﨑康晴も、各日程に店頭でお客様をお迎えさせていただきます。どうぞお立ち寄りください。〈奈良〉HJ GALLERY2023年1月19日(木)-1月21日(土)久﨑在店日:1月19(木)-1月21日(土)<広島>ref.2023年1月27日(金)-1月29日(日)久﨑在店日:1月27日(金)-1月29日(日)<福岡>Dice&Dice2023年2月3日(金)-2月6日(月)久﨑在店日:2月3日(金)-2月5日(日)<東京>ATON AOYAMA2022年2月10日(金)-2月12日(日)久﨑在店日:2月11日(土)-2月12日(日)
  • Lys POPUP STORE

    Lys POPUP STORE

    「Lys POPUP STORE at ref.」1/14(土)より空気清浄機能付き香炉「Lys」のPOPUP STORE を開催致します。お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さい。-about-家は様々な化学物質に汚染されています。たとえば、畳に含まれる防虫剤、壁や家具の接着剤にかならず含まれるホルムアルデヒド。現代の家の建築には大量のVOCs(揮発性有機化合物)が溢れています。・新築の普通の家またはマンションに転居される方、または住んでいる方・なんらかのアレルギー症状が出ている方(だるい、息がしずらい、深く眠れない、咳が出るなど)・シックハウス症候群と診断されている方または疑いのある方・小さな赤ちゃんや子どもがいる方・幹線道路沿いなど車の排気ガスに悩まれている方・気密性の高い住宅にお住まいで、匂いが部屋にこもりがちな方そんな方にお勧めしたいのが、「Lys」(リュース) です。裏側には「白金触媒」が仕込まれており、元々車やごみ処理場の煙突で有害な化学物質を分解するために開発された材料で、工業的にはすでに評価を受けている素材です。これを香炉の加熱皿の裏側に設置することで、キャンドルの熱を利用して間接的に熱することで空気の対流をうみ、たばこやアンモニア臭、シックハウスの原因となる有害物質を分解・除去します。電気もつかわず、フィルター交換も必要ないです。香炉となっていますが、空焚きでも大丈夫。アロマオイルは、コーヒーの使用済みの粉、茶葉で楽しむことも可能です。付属のキャンドルは日本で一番歴史のある蝋燭メーカー、カメヤマキャンドル。ススが出ず、燃焼安定性が高いのが特徴です。 ref.02@ref.store_会期:1/14(土)-
  • NEAT HOUSE

    NEAT HOUSE

    【NEAT HOUSE】約1年半ぶりにパンツブランドNEAT @neat_tokyoの直営店「NEAT HOUSE」のPOP-UPを3日間限定にてref.とHIGHBRIDの2店舗で開催致します。「NEAT HOUSE」ではお好きな素材、お好きな型を選んで作れるパターンオーダーとなっており、お選び頂ける生地は200種類ほど(国内・インポート・デッドストック等)ご用意がございます。今回よりパンツに加えてジャケットのラインナップ(シングルジャケット・4つボタンダブルジャケット)が新たに加わりました。通常のNEATよりも細かくサイズを取り揃えており、お客様の体型に合ったバランスで作製が可能です。(全ての型、サイズのゲージをご用意しております)お客様にゆっくりとお選びいただけるよう、完全予約制となります。(同伴者様とのご来店も可能。)ref.の会期中はデザイナー西野氏 @dddddaishi が在廊し、接客致します。またとないイベントとなっておりますので、この機会に皆様のご参加お待ちしております。【開催日】HIGHBRID / 1/14(土)-1/16(月)ref. / 1/21(土)-1/23(月)【開催時間】①11:00 ②12:00 ③13:00 ④14:00 ⑤15:00 ⑥16:00 ⑦17:00 ⑧18:00※最終日のみ⑦17:00までの開催【開催場所】HIGHBRID / 広島県呉市中通2-7-9 / TEL: 0823-25-7624ref. / 広島市中区袋町8-18 / TEL : 082-569-8888【申込方法】お電話又はメール、DM、店頭にて下記内容を明記の上お申し込みください。・お名前・参加人数(同伴者様がいる場合の人数を明記ください)・参加希望時間※申込先メールアドレス HIGHBRID / hbd@refnet.tvref. / store@refnet.tv【ご予約について】ご予約時に①ジャケット単品オーダー・②パンツ単品オーダー・③セットアップオーダーのいずれかをお伺いさせて頂きます。※一部の生地(デニム生地等)は厚みによってジャケットが作製できない場合がございます。また素材によってはセットアップでお作りできない物(※Deadstock生地等)もございますので、予めご了承ください。 HIGHBRID@highbridstore開催期間:1/14(土)-1/16(月)呉市中通2-7-90823-25-7624hbd@refnet.tvref.02@ref.store_開催期間:1/21(土)-1/23(月)広島市中区袋町8-18082-569-8888store@refnet.tv
  • MONOLITH POPUP STORE at ref.

    MONOLITH POPUP STORE at ref.

    「MONOLITH POPUP STORE at ref.」1/13(金)よりMONOLITHのPOP UP STOREを開催致します。期間中は、オン・オフ問わず様々なシーンで機能を発揮するバックパックや、2WAY仕様のブリーフケース、コンパクトさと収容力を兼ね備えたミニショルダーを軸に【STANDARD】 【OFFICE】 【PRO】 の3つコンセプトに分けて作られたモデルをご用意しました。また、MONOLITHをお買い上げの方にノベルティをプレゼント。※数量限定となり、なくなり次第終了となります。1/14(土)と15(日)の2日間ディレクターの中室氏@taisuke_nakamuroが在廊致します。この機会をお見逃しなく。-about-MONOLITH(モノリス) @monolithpack_official「次世代のスタンダードとなる最高のバッグ&ラゲージを提供する」をキーワード とし、日常使いとしてはオーバースペックとも言えるほどの機能を盛り込んだ長く愛用できる理想のバッグブランド。「一生これでいい」とユーザーに思って頂ける耐久性、機能性、合理性を追求しています。 ref.02@ref.store_会期:1/13(金)-1/23(月) ref. / Web Store商品一覧
  • siiran POP UP STORE

    siiran POP UP STORE

    「siiran POP UP STORE」1/6(金)よりHIGHBRIDにて、siiran( @siiran.official )のPOP UP STOREを開催致します。1つ1つ職人の手で製作されたCustom Zipは着脱を容易にするだけなく、革製品特有のフィット感やエイジングを楽しむことができ、あなただけの一足へ生まれ変わらせます。 1年振りとなるイベントでは、普段は取扱のない人気モデルのCustom Zipの販売を始め、全国初の先行受注となるAF1 Custom Zip スタッズプロダクトの展示受注を開催。またTALON ZIP 等のスペシャルオーダーもご相談頂けます。ストリートに根付いたスニーカー文化と革職人の手仕事が調和することで生まれる新しいスタイル。 実際のプロダクトを手に取って選んでいただけるこの機会をどうぞお見逃しなく。-about-siiran私たちのPolicyは、人に愛されるモノづくり。革の上に線を引き、糸で紡いで表現する。感動と繊細な美しさを持ち生活に自然に溶け込むアイテムを提案します。 HIGHBRID@highbridstore開催期間:1/6(金)~1/23(月)  → 2/6(月)まで延長決定!*受注商品のお渡しはイベント終了から、約3週間後となります。 ref. / Web Store商品一覧販売期間:1/7(土) 10:00〜1/6(月) 19:00
  • PHIGVEL"The Trunk Show” @HIGHBRID

    PHIGVEL"The Trunk Show” @HIGHBRID

    【PHIGVEL"The Trunk Show” @HIGHBRID 】12/23(金)より、PHIGVEL @phigvel_makers_co の秋冬商品を取り揃えた”The Trunk Show”を開催いたします。HIGHBRID エクスクルーシブで制作した “EX W/CA DRIZZLER JACKET” に加え、期間中は秋冬商品のラインナップを豊富に揃えた内容でお届けいたします。前週の姉妹店ref.でのイベントでは販売のなかった直営店「PROD」限定アイテムも加えた見応えのある内容となっております。ブランドの世界観を体験できるこの機会をお見逃しなく。  -about-PHIGVEL(フィグベル)“NEW CLASSIC”をコンセプトに掲げ、普遍的なアメリカンカジュアルやミリタリーウェアを基盤とし、あくまでもオリジナルに敬意を払ったオーセンティックなデザイン。わずかな要素を足し引きすることで現代的に昇華させ、パターン・ディテール・素材感に重点を置いた、良質で品格のあるものづくりを目指し展開しています。 HIGHBRID住所:呉市中通2-7-9 会期:12/23(金)~ --------------------------------- ref. / Web Store・PHIGVEL対談・ HIGHBRID別注“EX W/CA DRIZZLER JACKET”
  • Subsequence SALON vol.2 My Archive

    Subsequence SALON vol.2 My Archive

    Subsequence SALON vol.2 My Archive 〈Subsequence SALON〉は雑誌『Subsequence』のディレクションによって選びぬかれた古今東西のアート&クラフトを期間限定で展示・販売するポップアップ・ギャラリーです。『Subsequence』取扱店である「ref.」が今秋オープンする新たな展示スペース「ref.03」を会場にし、最新号5号の特別付録でも紹介された中村ヒロキ『My Archive』(マガジンハウス刊)展を開催します。  エスキモーのブーツ写真:守本勝英 『My Archive』は、雑誌『POPEYE』誌上で2012年から2018年まで続いた、〈visvim〉クリエイティブディレクター・中村ヒロキの連載。中村がこれまでに出会って心惹かれ、ものづくりを行う上でのインスピレーションを得てきたモノを毎回1つ取り上げ、その魅力について語るというシリーズ企画で、2018年に〈POPEYE BOOKS〉より単行本化されました。 トロフィー写真:守本勝英 「そのモノのどこに惹かれたのかを考え、感じたままにその魅力を紹介する」。それは、世間の評判や他人の意見から離れ、「自分にとっての価値」を考えることの大切さを伝える姿勢です。この連載での取り組みが、その後『Subsequence』発行へと繋がっていくことになりました。 アメリカン・クルーザー・バイシクル写真:守本勝英ヴィンテージ・ペナント写真:守本勝英 本展は、書籍内で紹介されている時代や国、文化など様々な品を数多く展示する貴重な機会です。また、会場では『Subsequence』本誌はもちろん、版元では現在、在庫切れとなっている書籍『My Archive』、本展に合わせて制作したTシャツやバッグなどのオフィシャルグッズも販売します。是非ご来場ください。   ref.03広島市中区袋町8-18 2F会期:〜2023/1/9(月)*12/31(土), 1/1(日) は休業営業時間:11:00〜19:00 関連記事「My Archive」展によせて ref. / Web Store商品一覧-------------------- 0622903003001 EXCELSIOR II CAP (SUBSEQUENCE) チノ地のベースボールキャップ。「Subsequence」刺繍は中村ケルシーの手書きデザイン。0622903003003 TOTE BAG (Subsequence) 雑誌「Subsequence」の表紙カラーのトートバッグ。「Subsequence」タイトルは中村ケルシーの手書きデザイン。0622903003004 RECORD BAG (Subsequence) 雑誌「Subsequence」の表紙カラーのレコードバッグ。その名の通りLPレコードがちょうど収まるサイズ。「Subsequence」タイトルは中村ケルシーの手書きデザイン。0622905010001 JUMBO TEE S/S (Subsequence) 雑誌「Subsequence」の表紙デザインがプリントされたジャンボシルエットのTシャツ。毎号テーマに合わせて変わる中央のオブジェ写真はカメラマン・深水敬介氏撮影によるもの。0699999999183 Subsequence × SHOKKI Magazine Stand0699999999184 Subsequence × My Archive Booklet
  • PHIGVEL EXCLUSIVE PRODUCTS RELEASE COLLECTION  @ ref.

    PHIGVEL EXCLUSIVE PRODUCTS RELEASE COLLECTION @ ref.

    「PHIGVEL EXCLUSIVE PRODUCTS RELEASE COLLECTION @ ref.」12/16(金)から12/19(月)の期間、ref.にて”PHIGVEL” EXCLUSIVE PRODUCTS RELEASE イベントを開催致します。姉妹店HIGHBRID エクスクルーシブで制作した”EX W/CA DRIZZLER JACKET”のお披露目を始めとし、期間中は秋冬商品のラインナップを豊富に揃えた内容でお届けいたします。12/17(土)・12/18(日)の2日間は、PHIGVEL デザイナーの東野氏・ Manager黒河氏が在廊。ブランドのフィルターを通して産み出されるアイテムへの拘り・生産背景などを直接お届け致します。この機会をお見逃しなく。また webstore では、東野氏/黒河氏との対談も公開中です。(記事はこちら)ブランドのパーソナルな部分に迫る対談等、読み応えのある内容となっておりますので、ぜひご覧下さい。 -about-PHIGVEL(フィグベル)“NEW CLASSIC”をコンセプトに掲げ、普遍的なアメリカンカジュアルやミリタリーウェアを基盤とし、あくまでもオリジナルに敬意を払ったオーセンティックなデザイン。わずかな要素を足し引きすることで現代的に昇華させ、パターン・ディテール・素材感に重点を置いた、良質で品格のあるものづくりを目指し展開しています。 ref.02@ref.store_広島市中区袋町8-18会期:12/16(金)-19(月) ref. / Web Store HIGHBRID別注「EX W/CA DRIZZLER JACKET」2022.12.16 / 11:00 発売商品一覧
  • うるしと木工の道具展

    うるしと木工の道具展

    【うるしと木工の道具展】12/9(金)よりref.に縁のある2つのメーカーをお招きし【うるしと木工の道具展】と銘打って、輪島の木工をフューチャーしたPOPUPを開催致します。以前開催した輪島キリモトさんの漆の道具たちに新商品を加え、また四十沢木材工芸さんからは普段取り扱いのない商品を取り揃え。長く使える良いものを、実際に手にとって触れて見ていただける機会なので、是非お立ち寄りください。-about-輪島キリモト @wajimakirimoto石川県輪島にて、江戸時代後期から明治・大正にかけては輪島漆器製造販売を営み、昭和の初めに木を刳ることを得意とする「朴木地屋・桐本木工所」に転業。六代目・俊兵衛は、特殊漆器木地をはじめ、家具全般をも手掛ける設備を整えました。七代目・泰一は、大学でプロダクトデザインを専攻、企業でオフィスプランニングに携わった後、輪島に帰郷。朴木地業の弟子修行を経て、漆器造形デザイン提案、器や家具、建築内装などの創作をはじめました。 平成27年 商号を「輪島キリモト」とし、木地業を生業にしながら、多くの力ある職人さん達と一緒に、木工製品や漆の器、小物、家具、建築内装材に至るまで、木と漆が今に暮らしにとけ込むようなモノ作りに挑戦し続けています。四十沢木材工芸 @aizawa_wood1947年に石川県輪島市に創業した漆器用素地の木地屋。指物、曲物、ロクロ、刳りものまで幅広い技術をもち、NC加工を得意としている。近年ではこれまで培ってきた技術力と生産力を活かし、オリジナル木製品の製造販売をスタート。木を活かし、見て、触れて、持って、使って、その使った歴史をも愛おしく感じる木製品を製造している。 ref.02@ref.store_会期:12/9(金)-
メールマガジン登録ありがとうございました。