漆器とあすなろ 木工展/2021.4.17-5.5

ref.にて創業当時から取り扱いしている「あすなろトレイ」をご存知でしょうか?
そもそも「あすなろ」とは、漆器になる前の木材の呼び名であり、輪島の地元材です。それを漆器制作にも用いられる作り方で釘を使わずトレイにしたものです。尖りのない見た目は、おうちの家具にも溶け込み書類など整理整頓にも一役をかってくれます。
「あすなろトレイ」を作っておられるのは、石川県輪島にて、200年以上「木と漆」の仕事に携わっておられる桐本家の方々です。現在は「輪島キリモト」として、木地を生業にされながら、多くの職人さん達と一緒に、木工製品や漆の器、小物、家具、建築内装材に至るまで、木と漆がいつもの暮らしにとけ込むようなモノ作りをされています。
今回の催事では「輪島キリモト」のラインナップを取り揃え。普段遣いの漆器からあすなろシリーズ、小物や家具までが店頭に並びます。この機会にお誘い合わせのうえ是非ご来店ください。

場所:ref.01
住所:広島市中区袋町8-18
会期:4/17(土)~5/5(水)

※ref.では、お客様に安心してご来店いただけるよう新型コロナウィルス感染予防策を実施致しております。お客様におかれましても安心してご利用いただけるよう、入店時のマスクの着用、手指の消毒など感染予防対策にご協力をお願い致します。

You have successfully subscribed!