バターナイフ
ステンレスの刃を真鍮で挟み、程よいしなり具合に仕立ててあります。真鍮は使い続けるうちに表面が酸化し、深く柔らかな色調に変化していきます。ステンレスの刃は錆びにくく、手入れもしやすいため清潔に保つことができます。刃先を薄く仕上げているのでバターを薄く削ぐことができ、また、切ることにも適しています。他のバターナイフと圧倒的に違うのは、削ぐことよりも切ることに重点をおいているところ。刃を暖めたりしなくても、冷蔵庫で固まったバターをきれいにカットすることができます。東屋のバターケースが一般的なケースと逆の作りをしているのは、この「切る」ことに特化したバターナイフを最大限に生かすため。バターケースの蓋を開けると、そのまま俎板代わりにもなります。使いはじめから存在感のあるバターナイフは、とことんこだわり抜いたバターケースと最高のコンビネーションを魅せてくれます。 ◎製造/能作(富山県輪島市)◎デザイン/猿山修◎素材/ステンレス+真鍮◎サイズ/幅175×奥行D15×厚さ6 mm◎重量/46g
¥4,950
バターケース 半切
山桜の無垢材を用いたバターケースはシンプルだけど暖かみのある風貌をしています。山桜の木は反りや狂いが少なく粘りもあるので、温度変化を伴うバターケースに適した素材です。木の断熱性、保冷性が内部の温度を緩やかに変化させてバターの鮮度を保ち、隙間なく保管することで酸化による味の変化も少なく、バター本来の品質が長持ちします。他の材質の容器に比べ、冷蔵庫の中でバターが固まりすぎることもありません。また、仕上げに胡桃油を塗布することで、油の皮膜で木の乾燥を抑え、更に反りや狂いを防ぎます。胡桃油は香りが弱いため、バターの風味を妨げることなく味わうことができます。重要なポイントは、接着剤を使用せず、一本の木をくりぬいて作るという最も手間のかかる手法で作り上げられているということ。東屋の商品だからこそ、ここまでこだわった一品ができるのです。◎製造/四十沢木材工芸(石川県輪島市)◎デザイン/猿山修◎素材/山桜+胡桃油◎サイズ/200g半切 幅142×奥行62×高さ52mm
¥5,720
バターケース 全判
山桜の無垢材を用いたバターケースはシンプルだけど暖かみのある風貌をしています。山桜の木は反りや狂いが少なく粘りもあるので、温度変化を伴うバターケースに適した素材です。木の断熱性、保冷性が内部の温度を緩やかに変化させてバターの鮮度を保ち、隙間なく保管することで酸化による味の変化も少なく、バター本来の品質が長持ちします。他の材質の容器に比べ、冷蔵庫の中でバターが固まりすぎることもありません。また、仕上げに胡桃油を塗布することで、油の皮膜で木の乾燥を抑え、更に反りや狂いを防ぎます。胡桃油は香りが弱いため、バターの風味を妨げることなく味わうことができます。重要なポイントは、接着剤を使用せず、一本の木をくりぬいて作るという最も手間のかかる手法で作り上げられているということ。東屋の商品だからこそ、ここまでこだわった一品ができるのです。◎製造/四十沢木材工芸(石川県輪島市)◎デザイン/猿山修◎素材/山桜+胡桃油◎サイズ/200g全判 幅142×奥行94×高さ52mm
¥6,820
バターケース 四つ切
山桜の無垢材を用いたバターケースはシンプルだけど暖かみのある風貌をしています。山桜の木は反りや狂いが少なく粘りもあるので、温度変化を伴うバターケースに適した素材です。木の断熱性、保冷性が内部の温度を緩やかに変化させてバターの鮮度を保ち、隙間なく保管することで酸化による味の変化も少なく、バター本来の品質が長持ちします。他の材質の容器に比べ、冷蔵庫の中でバターが固まりすぎることもありません。また、仕上げに胡桃油を塗布することで、油の皮膜で木の乾燥を抑え、更に反りや狂いを防ぎます。胡桃油は香りが弱いため、バターの風味を妨げることなく味わうことができます。重要なポイントは、接着剤を使用せず、一本の木をくりぬいて作るという最も手間のかかる手法で作り上げられているということ。東屋の商品だからこそ、ここまでこだわった一品ができるのです。◎製造/四十沢木材工芸(石川県輪島市)◎デザイン/猿山修◎素材/山桜+胡桃油◎サイズ/450g四つ切 幅106×奥行97×高さ61mm
¥7,370
チーズナイフ
ステンレス鋼を両刃に仕立て、真鍮の柄で挟んでいます。よく切れる状態が持続するよう、高品質な刃物専用のステンレス鋼に焼きを入れて硬度を高め、いくつもの研ぎの行程を重ねることで、滑らかな切れ味が実現されました。主にセミハードチーズ用に作られていますが、より固いチーズや柔らかいチーズにも対応します。チーズを薄く切る、削ぐ、塗ることはもちろん、上質な包丁と同じ刃付けをしているため、サラミや果物などをカットする時にもご利用いただけます。真鍮は使い続けるうちに表面が深く柔らかな色調に変化していきます。真鍮ならではの経年変化をお楽しみください。しっかりと選ばれた素材と製法が用いられているため、研ぎ直しがきき、気持ちよく使い続けていただけます。 ◎製造/成戸刃物(岐阜県関市)◎デザイン/猿山修◎素材/ステンレス鋼+真鍮◎サイズ/幅171×奥行31×厚さ6㎜◎重量/60g
¥5,280
チーズボード 小
山桜の無垢材そのままの美しさを活かしながら、載せた食材が映えるように縁を繊細に切り出して丁寧に形づくられたチーズボード。山桜は反りや狂いが少なく油分を多く含んでいるため、チーズがくっ付きにくく、チーズボードに適した素材です。また、仕上げに胡桃油を塗布することで、油の皮膜で木の乾燥を抑え、更に反りや狂いを防ぎます。サイズは小さめに作られており、持ち手もあるので、台所から食卓、リビングへの移動がスムーズにできます。台所では仕上げの薬味、柚やレモンをカットする時に小さなまな板として、食卓やリビングではおつまみのサラミやパテを食べる分だけその場で切り分ける際に。チーズボードとしてだけではなく、幅広くご活用いただけます。 ◎製造/小栗正彦(岐阜県恵那市)    山一(長野県木曽郡)◎デザイン/猿山修◎素材/チーズボード:山桜+胡桃油◎サイズ/幅277×奥行122×厚さ15㎜◎重量/210g
¥4,400
チーズボード 大
山桜の無垢材そのままの美しさを活かしながら、載せた食材が映えるように縁を繊細に切り出して丁寧に形づくられたチーズボード。山桜は反りや狂いが少なく油分を多く含んでいるため、チーズがくっ付きにくく、チーズボードに適した素材です。また、仕上げに胡桃油を塗布することで、油の皮膜で木の乾燥を抑え、更に反りや狂いを防ぎます。サイズは小さめに作られており、持ち手もあるので、台所から食卓、リビングへの移動がスムーズにできます。台所では仕上げの薬味、柚やレモンをカットする時に小さなまな板として、食卓やリビングではおつまみのサラミやパテを食べる分だけその場で切り分ける際に。チーズボードとしてだけではなく、幅広くご活用いただけます。 ◎製造/小栗正彦(岐阜県恵那市)    山一(長野県木曽郡)◎デザイン/猿山修◎素材/チーズボード:山桜+胡桃油◎サイズ/幅300×奥行144×厚さ15㎜◎重量/240g
¥4,840
茶海 小
約900年の歴史がある鋳物産地の岩手県水沢 。平泉の文化を支えてきた鋳物技術が引き継がれ、現代に活きる日用品を作り続けています。錆を防ぐため、鋳造後に「窯焼き」という800度以上の高温焼成をすることで酸化皮膜が施され、外側には椿油と茶渋液を交互に塗って焼く「油焼き」がされています。丹念に作られた鉄瓶は、道具としての機能とうつくしさを備え、丁寧に扱えば何代にも渡って受け継ぐことができます。 製造/白岳窯(長崎県波佐見町)デザイン/猿山修素材/天草陶石、石灰釉備考/電子レンジ可、食器洗浄器可サイズ/幅110×奥行70×高さ78mm重量/120g容量/200ml
¥2,530
茶海 中
約900年の歴史がある鋳物産地の岩手県水沢 。平泉の文化を支えてきた鋳物技術が引き継がれ、現代に活きる日用品を作り続けています。錆を防ぐため、鋳造後に「窯焼き」という800度以上の高温焼成をすることで酸化皮膜が施され、外側には椿油と茶渋液を交互に塗って焼く「油焼き」がされています。丹念に作られた鉄瓶は、道具としての機能とうつくしさを備え、丁寧に扱えば何代にも渡って受け継ぐことができます。 製造/白岳窯(長崎県波佐見町)デザイン/猿山修素材/天草陶石、石灰釉備考/電子レンジ可、食器洗浄器可サイズ/幅130×奥行82×高さ90 mm重量/190g容量/290ml
¥3,750
茶海 大
約900年の歴史がある鋳物産地の岩手県水沢 。平泉の文化を支えてきた鋳物技術が引き継がれ、現代に活きる日用品を作り続けています。錆を防ぐため、鋳造後に「窯焼き」という800度以上の高温焼成をすることで酸化皮膜が施され、外側には椿油と茶渋液を交互に塗って焼く「油焼き」がされています。丹念に作られた鉄瓶は、道具としての機能とうつくしさを備え、丁寧に扱えば何代にも渡って受け継ぐことができます。 製造/白岳窯(長崎県波佐見町)デザイン/猿山修素材/天草陶石、石灰釉備考/電子レンジ可、食器洗浄器可サイズ/幅145×奥行93×高さ100 mm重量/310g容量/430ml
¥2,970
茶筒 銅 小
一枚の銅版から作られた、継ぎ目のない茶筒。一般的には側面に溶接の継ぎ目があるものが多いのですが、この茶筒は一枚の銅版を押し出して作られているため、一体型となり壊れることもありません。 茶筒で大切な事は、食品の保管に適した高い気密性。内蓋も外蓋もとても精密で締まりが良く、外気を遮ります。角を落とした丸みのあるフォルム。時を経た色と質感は、すんなり手と空間になじみます。 製造/新光金属(新潟県燕市)素材/銅、錫メッキ(内側のみ) 中蓋ツマミ:真鍮サイズ/直径70×高さ60 mm重量/200g
¥6,600
茶筒 銅 中
一枚の銅版から作られた、継ぎ目のない茶筒。一般的には側面に溶接の継ぎ目があるものが多いのですが、この茶筒は一枚の銅版を押し出して作られているため、一体型となり壊れることもありません。 茶筒で大切な事は、食品の保管に適した高い気密性。内蓋も外蓋もとても精密で締まりが良く、外気を遮ります。角を落とした丸みのあるフォルム。時を経た色と質感は、すんなり手と空間になじみます。 製造/新光金属(新潟県燕市)素材/銅、錫メッキ(内側のみ) 中蓋ツマミ:真鍮サイズ/直径80×高さ95 mm重量/270g
¥7,700
茶筒 銅 大
一枚の銅版から作られた、継ぎ目のない茶筒。一般的には側面に溶接の継ぎ目があるものが多いのですが、この茶筒は一枚の銅版を押し出して作られているため、一体型となり壊れることもありません。 茶筒で大切な事は、食品の保管に適した高い気密性。内蓋も外蓋もとても精密で締まりが良く、外気を遮ります。角を落とした丸みのあるフォルム。時を経た色と質感は、すんなり手と空間になじみます。 製造/新光金属(新潟県燕市)素材/銅、錫メッキ(内側のみ) 中蓋ツマミ:真鍮サイズ/直径90×高さ115 mm重量/355g
¥8,800
茶筒 銅錫めっき 小
一枚の銅版から作られた、継ぎ目のない茶筒。一般的には側面に溶接の継ぎ目があるものが多いのですが、この茶筒は一枚の銅版を押し出して作られているため、一体型となり壊れることもありません。 茶筒で大切な事は、食品の保管に適した高い気密性。内蓋も外蓋もとても精密で締まりが良く、外気を遮ります。角を落とした丸みのあるフォルム。時を経た色と質感は、すんなり手と空間になじみます。 製造/新光金属(新潟県燕市)素材/銅、錫めっき 中蓋ツマミ:真鍮サイズ/直径70×高さ60 mm重量/200g
¥7,040
茶筒 銅錫めっき 中
一枚の銅版から作られた、継ぎ目のない茶筒。一般的には側面に溶接の継ぎ目があるものが多いのですが、この茶筒は一枚の銅版を押し出して作られているため、一体型となり壊れることもありません。 茶筒で大切な事は、食品の保管に適した高い気密性。内蓋も外蓋もとても精密で締まりが良く、外気を遮ります。角を落とした丸みのあるフォルム。時を経た色と質感は、すんなり手と空間になじみます。 製造/新光金属(新潟県燕市)素材/銅、錫めっき 中蓋ツマミ:真鍮サイズ/直径80×高さ95 mm重量/270g
¥8,140
茶筒 銅錫めっき 大
一枚の銅版から作られた、継ぎ目のない茶筒。一般的には側面に溶接の継ぎ目があるものが多いのですが、この茶筒は一枚の銅版を押し出して作られているため、一体型となり壊れることもありません。 茶筒で大切な事は、食品の保管に適した高い気密性。内蓋も外蓋もとても精密で締まりが良く、外気を遮ります。角を落とした丸みのあるフォルム。時を経た色と質感は、すんなり手と空間になじみます。 製造/新光金属(新潟県燕市)素材/銅、錫めっき 中蓋ツマミ:真鍮サイズ/直径90×高さ115 mm重量/355g
¥9,240
SOLD OUT
水沢姥口鉄瓶
約900年の歴史がある鋳物産地の岩手県水沢 。平泉の文化を支えてきた鋳物技術が引き継がれ、現代に活きる日用品を作り続けています。錆を防ぐため、鋳造後に「窯焼き」という800度以上の高温焼成をすることで酸化皮膜が施され、外側には椿油と茶渋液を交互に塗って焼く「油焼き」がされています。丹念に作られた鉄瓶は、道具としての機能とうつくしさを備え、丁寧に扱えば何代にも渡って受け継ぐことができます。 製造/及富(岩手県水沢市)素材/鋳鉄IH対応/200vサイズ/幅200×奥行182×高さ178 mm    (つるを寝せた状態 高さ100mm)重量/1980g容量/1500ml(満水時)  ※ご使用の際は七分目(約1ℓ)までを目安にご利用ください。
¥23,100
銅之薬缶
つややかな光沢が存在感を放つ銅之薬缶。使い込むほどに飴色になり、経年変化を楽しむのも銅ならではの魅力。銅は熱伝導性や除菌作用に優れ、また塩素分解効果もあるので、からだに優しく、おいしいお湯を楽しむことができます。 製造/新光金属(新潟県燕市)デザイン/渡邊かをる素材/銅(内面:ニッケルメッキ)備考/電子レンジ可、食器洗浄器可サイズ/幅200×奥行175×高さ240 mm    (つるを寝せた状態 高さ150mm)重量/620g容量/2.18ℓ
¥19,800
お手掃き
小さな塵取と小さな箒。手元を掃くという意味で、「お“手”掃き」という名前が付きました。 塵取りは木工芸の指物(さしもの)という技法が用いられています。指物とは、釘などの接合道具を使わず木と木を組み合わせて作られた技法や、その物自体を言います。湿気や気温などで変化する木の動きまで緻密に計算され、熟練の腕と経験が必要とされる技法として知られています。この塵取りは、その技法の中でも江戸時代中期から盛んになった江戸指物という伝統技法を用いており、武家や町人、商人に愛用された簡素で実用的な作りが特徴です。素材には木目の美しい秋田杉の柾目を使用しており、素材自体に塗装でフタをしないので、素材の良さに直にふれることができます。 箒の素材はパキンという天然繊維。竜舌蘭から採った繊維でコシが強く、ほどよくしなりがあるのが特徴です。無着色・無加工のまま、ステンレスでしっかりと束ねてあります。箒につけられた赤、白、水色で編まれたシルクの組紐には光沢があり、塵取りのすっきりとしたデザインを、愛らしく引き締めます。 ◎製造/箒:髙田耕造商店(和歌山県海南市)・      昇苑くみひも(京都府宇治市)    塵取り:井上木芸(東京都荒川区)◎素材/箒:パキン(メキシコ)、ステンレス、絹    塵取り:秋田杉◎サイズ・重量/箒:幅90×奥行18×高さ125 mm 35g        塵取り:幅127×奥行114×高さ33 mm 35g
¥13,200
腰掛け
木曽五木の一つである東濃檜を使用し、昔から日本建築に用いられているほぞ組みによって制作することにより、シンプルでありながら堅牢な作りを実現しました。奥行きは狭めで幅は広め、この腰掛けの魅力は何と言っても手頃なサイズ感と、持ち運びのしやすさでしょう。玄関での靴の脱ぎ履き、ベランダでの一服や洗濯カゴを置く台として。大きな椅子を運んでくるにはちょっと、、という小ぶりなスペースで大活躍!ご家庭にとどまらず、店舗でもお客様の試着の際などに活用していただけます。また、腰を掛ける以外にも壁に横付けしてちょっとした棚にしたり、ミニテーブルとして用立てることもできます。 構造についても申し分ありません。脚板は左右共に中央を削いであり、面でなく両端の点で支える構造により、木材の変化による影響を最小限にとどめます。 また、無駄を削ぎ落としたがゆえの簡素で品のある風貌は日本の職人仕事の極み。手鉋の仕上げによる木地の艶やかさは、手触りがよいだけでなく木目が極細密に仕上がり、水分を吸収しにくくします。 それからこの腰掛け、平然とすました顔をしてなんと耐荷重300kg。未塗装ならではの、時が経過するごとに変化していく顔も、存分にお楽しみください。 ◎製造/北原武彦(岐阜県中津川市)    山一(長野県木曽郡)◎デザイン/渡邊謙一郎◎素材/東濃檜◎サイズ/幅600×奥行175×高さ360 mm◎重量/約2.5kg◎耐荷重/約300kg
¥39,600

Showing: 1 - 20 of 29

You have successfully subscribed!