SOLD OUT
gp-08 cognac
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 43 22 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥29,700
gp-08 champagne
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 43 22 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥29,700
SOLD OUT
gp-09 noir
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 42 20 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥29,700
SOLD OUT
gp-09 whisky
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 42 20 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥29,700
gp-09 écaille
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 42 20 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥29,700
gp-09 rose
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 42 20 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥29,700
SOLD OUT
gp-10 noir
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 44 20 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥29,700
SOLD OUT
gp-10 whisky
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 44 20 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥29,700
gp-10 écaille
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 44 20 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥29,700
SOLD OUT
gp-10 vert
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 44 20 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥29,700
gp-11 noir
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 40 23 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥29,700
gp-11 écaille
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 40 23 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥29,700
gp-11 noir cristal
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 40 23 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥29,700
gp-12 whisky
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 44 22 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥29,700
gp-12 havana
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 44 22 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥29,700
SOLD OUT
gp-15 havana
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 42 23 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥29,700
gp-20ss noir
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 43 21 140  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥29,700
gp-20ss whisky
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 43 21 140  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥29,700
SOLD OUT
gp-17 noir
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 42 30 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥29,700
gp-17 écaille
◎素材/Acetate レンズ幅 ブリッジ幅 テンプル 42 30 147  (単位:mm) 〈 guepard - ギュパール 〉 guepardは、Frame France(フランス製のヴィンテージフレーム)の世界で権威的な神戸の有名ヴィンテージ眼鏡店『SPEAKEASY』の山村氏と、札幌の『Fréquence.』の柳原氏によるアイウエアコレクション。1920年代の禁酒法時代のアメリカにおいて眼鏡のスラングが 「チーター」(盗み見る“チート”行為が由来)と呼ばれていた事 があり、英語の「cheetah」をフランス語の「guépard」にしたもの。フレンチヴィンテージが流行する創成期より取り扱い、現在のフレンチヴィンテージの人気を作り上げた両氏の現代の「ヴィンテージ風」のデザインを行うデザイナーに対して「ヴィンテージ(オリジナル)の上辺だけを チートして(盗み見て)デザインしている」という皮肉も込められている。フレンチヴィンテージの持つ輝きを失わないデサインやディテールを元に、様々な編集をせず、サイズ感のみをモダナイズ。より現代的に、多くの方がフレンチヴィンテージフレームの雰囲気を味わえる様ディレクション。鯖江の職人による手作業で1点ずつ生産されています。対談記事はこちら
¥29,700

Showing: 21 - 40 of 59

メールマガジン登録ありがとうございました。