「これ、買います」vol.09

スタッフのウィッシュリスト入りした商品を不定期にご紹介する『これ、買います』。今年も残すところあと2ヶ月となり、「何かしなきゃ!」という焦燥感に駆られながら過ごしているスタッフIです。
焦った結果、プレ大掃除として断捨離を始めたものの引き出しを開ければ存在を忘れていた品々との再会があり、作業は一向に進まずただ散らかすだけに労力を割いた休日になりました。この虚無感、お分かりいただけるだろうか。「来年はミニマリストになろう」とすでに頓挫の予感漂うフワッとした目標を立てました。

ミニマリスト宣言をしたものの、私の物欲が止まるはずもなくさっそくご紹介するのが人気のバッグブランドAetaのこちら。

どうです、このいかにもミニマリストっぽい佇まい。金具や余計な装飾のない、削ぎ落とされたデザインながらも存在感は抜群でどんなスタイルにも不思議と馴染んでしまいます。しかもショルダーストラップの通し方を変えて、斜めがけと手持ちの2WAYで楽しめるという、ミニマリスト大歓喜の仕様です。この細く長めのストラップのおかげで、手で持っても肩にかけても野暮ったくならず、なんだか荷物の少ないシュッとした人に見えます。

素晴らしいのはストラップだけでなく本体部分の革の処理もです。「張り込み」というAetaが得意とする薄い革を2枚張り合わせて、縫い目やパーツが表に出ない技法が使われており、コバ(革の断面)も美しく仕上げられています。
ちなみに商品名のPGというのはPebble Grain(ペブルグレイン) 加工の革を使っていることを示しています。Pebbleは小石という意味で、型押によってできたぼこぼことしたシボが小石が並んでいるように見えることから、こう呼ぶそうです。 正直、私の曇った眼では小石のように見えませんが、傷も目立ちにくく丈夫という点でとてもありがたい素材です。
というわけで何事も形から入るタイプのスタッフIは、まずは「ミニマリストっぽい人」になるべく、こちらを狙っています。

ブランドページ
Aeta

メールマガジン登録ありがとうございました。