うまいビールが、もっと上手い。

うまいビールが、もっと上手い。

おつかれ〜! ビアグラスを手にすると、この言葉がつい出てしまう。ビールには、飲む人を開放的な気分にさせる魅力がある。そんなビールをより楽しめる店がここ、RAKU BEERだ。道路に面した店内はオープンな雰囲気で、どのテーブルからも見渡せる場所にニョキニョキと15本、カウンター横にある2本の...

Read more 2012.05.01
香りと旅する。

香りと旅する。

ホテルフレックス。というよりも、昭和生まれの私にとっては、阪神タイガースの宿舎「吉川ホテル」のイメージが強い。広島も国際都市となり、外資系から大手グループホテルが存在する中、それらと比べて特出するところはないけれど、ここは何か、よそにはない広島らしさを持っている。客室から外を眺めてその理由...

Read more 2012.04.01
めしとれ!

めしとれ!

宮島といえば、しゃもじ。しゃもじと言えば、宮島。宮島町のある広島県廿日市市。国道2号線を瀬戸内海沿いに走り、踏切を横切る。少し坂を上がっていくと、閑静な住宅地の中にある山里的な雰囲気の場所にたどり着いた。倉本杓子工場。よく整頓された作業場、木の梁がむき出しの高い天井。窓からはキラキラと自然...

Read more 2012.03.01
シャルロット・ペリアンと広島

シャルロット・ペリアンと広島

1940年、フランスからはるばる船に乗って日本にやって来た、一人のフランス人女性がいます。彼女の名はシャルロット・ペリアン。建築界の巨匠、ル・コルビュジエとの共同作業により数々の名作をこの世に送り出し、戦中・戦後、日本のモダンデザインの発展に大きな影響を与えています。refnet.tvでは、...

Read more 2012.02.01
学べる料理店

学べる料理店

広島市中区の静かな住宅街にある「うまい菜屋」は、一言で言うと、マクロビランチのお店。マクロビとは、マクロビオティックの略で、時々耳にはするが、一般的にはまだあまり馴染みのない言葉かもしれない。マクロは大きい、ビオは生命、ティックは術や学、と説明すると、なんだか難しくて、読み進めるのがおっく...

Read more 2012.02.01
サル・サル・サル

サル・サル・サル

広島に初めて誕生した外資系ホテル、シェラトンに行った時のこと。新しいホテルの窓から外を眺め、ふと足下に目をやると、昭和というよりも戦後の雰囲気が残るエリアが広がっていた。路面電車で広島駅から一つ目の猿猴橋町の停留所周辺。古い雑居ビルが密集したこのエリアは、10年以上前から再開発の話が出ては頓...

Read more 2011.12.01
オールドスクールと赤いラジオ。

オールドスクールと赤いラジオ。

広島・地蔵通り。こだわりのある店やおしゃれなカフェが並ぶこの通りの真ん中あたりに、今年で満50年、3代にわたって続くお好み焼き屋「もり」がある。この界隈でおいしいお好み焼きの店を尋ねると必ず名前があがってくるお店。ここの良さは、なんといっても、これぞ! オールドスクールなそのスタイルにある。...

Read more 2011.11.01
RIVAの小さな料理と小さな器たち。

RIVAの小さな料理と小さな器たち。

広島の繁華街、新天地の路地裏にある広島郷土料理の店、RIVA。こう文字にすると、どんなお店を想像されるだろうか。おそらく、広島の郷土料理そのものがイメージできない方がほとんどだろうし、何か、老舗だったり、民芸調だったり、物々しい雰囲気がするかもしれない。中にはお好み焼き?と思う人もいるかもし...

Read more 2011.10.01